沖縄の生活情報

【那覇市推奨・全国対応】超簡単!パソコン・スマホを無料でまとめて処分する方法|リネットジャパンリサイクル

電源すら入らなくなったパソコン。

PCリサイクルマークも見当たらず処分に困っていたら、那覇市の家庭ごみの正しい分け方・出し方の裏面に、「小型家電・パソコンの宅配回収便について」なる見出しを発見しました。

曰く、市と提携する業者が不要になったパソコンを無料で回収してくれるらしい。

通常であれば”無料回収”という言葉には警戒心を払うのですが、今回は、

自治体の家庭ごみ仕訳表に掲載されている

一刻も早く邪魔なパソコンを処分したい

という理由から、思い切って利用してみることにしました。

自治体推奨|リネットジャパンリサイクル(株)って?

リネットジャパンリサイクル(株)は、中古品の買取・販売を行うネットオフを運営する会社です。

1998年、同じく中古品の買取・販売を行うブックオフコーポレーションの起業家支援制度を利用して設立されました。

現在は、ネットオフでの中古品売買と合わせて、各自治体と連携した小型家電のリサイクル事業も手掛けているようです。

そんなリネットジャパンが運営するパソコン無料回収事業は、

パソコン本体を含む回収1箱の額はい回収料金が無料

というもの。

パソコンを含めた回収依頼であれば、

  • スマホ
  • タブレット
  • カメラ

等の小型家電も合わせて1箱までなら無料で回収してくれるらしい

1箱の大きさは、

  • 3辺の合計が14cm以内
  • 重量20kg以内

と規定されていますが、一般家庭に眠っているパソコン・スマホ、タブレットを全て処分するのには十分なサイズだと思います。

というわけで我が家では、パソコンと合わせてすでに使っていないスマホもまとめて回収してもらうことにしました。

那覇市はもちろん全国どこからでも無料回収!/【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

スポンサーリンク

実際に申し込んでみた

パソコン回収の申し込み方法はとっても簡単です。

まずリネットジャパンの公式ホームページへアクセス。

トップページ下部にある【カンタンお申込み】ボタンから申し込みフォームへと進みます。

申し込みフォームではまず、パソコンの有無と台数を選択します。

回収品にパソコンが無い場合は、回収自体が1650円の有料になるので注意!

次の画面でパソコン内部に残っているデータの消去法を選択します。

パソコンのデータをご自身で消去する場合は【ご自身で消去する】を選択します。

データの消去法を知らない場合、またはPCが起動しない(電源が入らない場合)は、リネットジャパンの【おまかせ安心消去サービス】を選択するのが安心です。

この場合、消去サービス料としてパソコン1台につき3,000円の料金が発生するので注意しましょう。

データの消去法を選択した後は、パソコン以外の回収品について選択していきます。

我が家の場合は今回、パソコンと使っていないスマホ4台を回収してもらいたいので、携帯電話/スマートフォンの項目では【3台以上】をタップ。

小型家電類は特にないので【ない】を選択しました。

次に、回収してほしい箱数を選択します。

パソコンがあっても、2箱目以降は1,500円の料金が発生しますので注意が必要です。

ちなみに、梱包用の箱を別に送ってもらうこともできます。

その場合は、1箱につき398円の料金が発生するので注意!

次に、回収希望日時回収先情報を入力します。

最後に、回収予定日と申込内容を確認して【申し込む】ボタンを押せば申し込みは完了です。

おまかせ安全消去サービスを利用する場合

処分するPCのデータが気になる場合は、リネットジャパンが提供するおまかせ安全消去サービスが便利です。

3,000円と有料ですが、

自治体と連携する事業者が

電源が付かないPCでも対応してくれる

自分でやる手間を省ける

ので、パソコンについて詳しくない人にはありがたいサービスだと思います。

我が家でも今回、この安全消去サービスを利用してパソコン内部のデータを消去してもらうことにしました。

申し込みは、前述した申し込みフォームの【パソコンのデータ消去について】の項目にて。

【おまかせ】を選択するだけです。

お支払方法は、最後の申込内容確認画面にて、カードまたは代金引換の2通りから選択できます。

お支払方法を入力したら、申込内容を確認して【申し込む】ボタンをタップ。

申し込み完了ページで発行される【おまかせ安全消去サービス申込書】を印刷し、データを消去してほしいパソコンに張り付けておきましょう。

データが消去されると、後日「消去されましたよ」という確認メールが届くそうです。

梱包

申し込みが完了したら、お次は梱包です。

箱の大きさは、3辺が140cm以内、重さが20kg以内であればどんな箱でも良しとされています。

がしかし、我が家にそんな良いサイズの箱が無い…。

ってんで、少し大きめの箱を切り刻んでコンパクト化。

上記に、

  1. レノボのノートパソコン
  2. iPhone5
  3. iPhone6
  4. iPhone6s
  5. Huawei

を入れて気持ち程度の隙間を埋めてガムテープで蓋をしました。

集荷(回収)

回収日当日は、佐川急便が自宅を訪問します。

伝票は佐川さんが持ってきてくれるので、こちらは梱包した段ボールを渡すだけでOK。

お支払方法に代金引換を選択した場合は、指定された金額を用意しておくと安心です。

スポンサーリンク

まとめ

2003年10月以降に販売されたパソコンにはPCリサイクルマークというものがついています。

これは現在使用中のノートPCについていたマーク。

このマークがついているパソコンは本来、販売したメーカーが引き取ってくれるので処分費用は一切かかりません。

しかし稀に、2003年以降に発売されたパソコンの中にも、リサイクルマークがついていないパソコンがある

我が家にあるレノボPCがまさにそれで、メーカーに引き取ってもらう前に、

  1. リサイクルマークの発行の申し込み(発効までに2週間かかる)
  2. パソコン情報の登録(必要な情報を探せず難航)

と、正規の手順で処分するのにかなり手間がかかりそうな雰囲気でした。

一方のリネットジャパンリサイクルは、

申し込みはスマホでカンタン約10分

回収日は最短で翌日

ソコン以外の小型家電もまとめて回収OK

料金は基本無料

と、お金はもちろん、時間や手間がかなり短縮されます。

パソコンと合わせて、スマホなどの小型家電も回収してくれるので、処分に困っている小型家電にストレスを感じている人にはかなりおススメです。

全国各地の自治体と提携している国認定の業者なので、回収品の扱いも安心。

パソコンはもちろんスマホやカメラが捨てられなくて困っているという人はぜひ、この機会にリネットジャパンの宅配便回収を利用してみてくださいね!

那覇市はもちろん全国どこからでも無料回収!/【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>
おわり